ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ リプレースしなければいけないのにドロップしてしまった

罰  則2打罰
処  置そのままプレー
特記事項正しい処置でやり直せば1打罰


▼ 状況

リプレースしなければならないところ間違ってドロップして球を打ってしまった。どう対処すればいい?




▼ 対処方法

リプレースは元の位置に置き直すことを指します。ドロップをしてしまうと元の位置ではなくなるため、誤所からのプレーで2打罰が課せられます。もし打ってしまった場合はやり直す必要はなく、2打罰を課して打った球でプレーを続けます。


▼ 打つ前に気付いた場合

打つ前にリプレースとドロップの間違いに気づいた場合は、球をリプレースしてからストロークを行います。その場合は、無罰です。ただし、リプレースは原則、誤って球を動かしてしまった場合などに「もとに戻す」意味で適用されます。(他のプレーヤーに球を動かされたり、ドロップを2回以上失敗した場合を除く)つまり、誤って動かした球をリプレースしなければいけないのにドロップした場合でそれを訂正しても球を動かした行為は帳消しにはなりませんので、1打罰が課せられます。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日