ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆



▼ 10cmの高いティーを使用した

罰  則なし
処  置
特記事項4インチ以内ならそのままプレー
4インチ以上のものは失格


▼ 状況

アイアンと比べて長いドライバーは苦手な方も多いはず。また、ヘッドが大きい分、だふる(ボールの手前でヘッドが下りてきてしまうこと)のを心配して高いティーでカバーするなんてことも耳にします。また、気分的にはティーを安定させるためにより奥まで差し込みたいので、長い方が使い勝手が良さそうです。さて、長さの制限はあるのでしょうか?




▼ ティーの長さ制限

ティーの長さは、4インチ以内と決められています。1インチは2.54cmなので約10cmを超えるものは競技規定違反となり失格となってしまいます。ティーにはプラスチック製や木製のものがあったり、最近ではキャップがついていて高さを2段階にできるものがありますが、4インチ以内であればその他の制限はないようです。砂を盛って人口的なティーを作るのもOKです。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日