ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ 打つ前にディボット跡を直した

罰  則2打罰
処  置そのままプレー
特記事項打った後はOK


▼ 状況

ディボットとは、削り取られた芝のこと。豪快なショットやダフったときによく見られる芝(地面)ごとごっそりショットすることにより地面がはげている状態のこと。本来ならディボットを作ってしまったプレーヤーがエチケットとして元に戻したり、砂で埋めるなどして直しておかなければならないが、万が一、直していないディボットにはまってしまった場合、ショット前に治すのはアリでしょうか?




▼ 対処方法

残念ながら前の組のマナーの悪いプレーヤーがディボットを直さず、そこへ運悪く球が入ってしまってもゴルフはあるがままの状況でプレーするのが原則です。従って打つ前にディボットを直す行為はライの改善とみなされ直した方に2打罰が課せられます。ディボットを作った側にはペナルティはありませんが、他のプレーヤーの迷惑にもなりますのでかならず処置してから次のショットに向かうようにしてください。他人の作ったディボットをショットの後に直すのはペナルティはありません。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日