ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ 打てる位置(高さ)の枝に球が乗っていた

罰  則なし
処  置そのままプレー
特記事項アンプレヤブル宣言の場合は1打罰


▼ 状況

打てる位置の枝に球が引っかかっている場合、そのまま打っても問題ありません。危ないので無難に1打罰を使いアンプレヤブル宣言するのも手ですが、そのままプレーする場合、気をつけなければならない点があります。




▼ 注意点 −その1−

木に登る場合、落ちて怪我をしないようにするのはもちろんですが、木に登った衝撃で球が落ちる可能性があります。球が落ちたり、動いてしまったりすると1打罰が課せられ、また元に位置にリプレースしなければなりません。リプレースできないと結果としてアンプレヤブル宣言をすることになりさらに1打罰が課せられてしまいます。


▼ 注意点 −その2−

競技規定では@球を押し出したりAかき寄せたりB救い上げたりしてはならないとされています。昔は、クラブヘッドを球の位置に固定し、シャフトを叩くことで球を押し出すスラップショットが認められており、プロが木の根元にある球を打つときに多用していましたが、今は禁止されています。昔のイメージで、「OK」だと思っていると痛めに合いますので規定の改定も覚えておきましょう。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日