ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ 素振りでクラブが球に当たってしまった

罰  則1打罰
処  置リプレースしてプレー
特記事項


▼ 状況

打つ気はまったくなくイメージトレーニングのために素振りをしたらクラブヘッドに球が当たってしまった。これは、打ったことにして続けるべき?




▼ ゴルフの精神論

打つ気があったかどうかは自己判断。ここはゴルフの精神に従って決して打つ気がなかったとして話を進めます。つまり、題名のとおり打つ気がなかったのに打ったことにしてプレーすると誤球となり2打罰が課せられます。


▼ 正しい対処方法

打つ気があり空振りした場合は、ストロークとして1打を足す必要がありますが、打つ気がない場合は、ストロークとして1打を足す必要はありません。よって球に触れても触れなくてもノーカウントとなります。ただし、球に触れてしまった場合は、球を動かした行為に対して1打分のペナルティが課せられます。つまり、タイトルとおりのシチュエーションの場合は、1打罰を課した上で球をもとの位置にリプレースしてプレーを続けるのが正しい処置となります。元の位置にリプレースしないと2打罰が課せられます。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日