ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆



▼ 大雨でウォーターハザードが洪水している

罰  則なし
処  置ドロップしてプレー
特記事項


▼ 状況

大雨続きで池が洪水であふれている。池ポチャはしていないのにとんだ災難!?これって池ポチャになるの?




▼ 対処方法

ウォーターハザードには必ず境界線となる杭が打ってあります。その杭からはみ出た水は、一時的なカジュアルウォーターとみなされ無罰の救済対象となります。救済のニヤレストポイントから1クラブ以内にドロップしてプレーを続けることができます。逆にこれを池ポチャと勘違いしてプレー線上の後ろにドロップすると2打罰が課せられるので注意が必要です。


▼ 救済のニヤレストポイントとは?

ホールと球を半径とした円状でカジュアルウォーターを抜けた一番近い位置がニヤレストポイントとなります。そこからさらに1クラブ以内のホールに遠い位置がドロップ対象区域となります。ただし、バンカー内の救済はバンカー内のドロップが原則です。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日