ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ 木の上に自分の球があった

罰  則なし
処  置そのままプレー
特記事項プレーできなければ処置によりペナルティ


▼ 状況

球が木に当たったり、木の上に乗ってしまったり、それ自体に対するペナルティはありません。砂の上でも水の中でも原則打てる場合は、そのままプレーしなければなりませんが、手の届かない高い木のときはどうでしょう?




▼ 宣言を忘れずに

木の上にある球が自分のもので間違いない場合、アンプレヤブル宣言を行い、木をゆすって球を落としてプレーを続けます。もちろん、アンプレヤブルの1打罰は課せられます。もし何も言わずに木をゆすると球を動かす行為にあたり1打罰が課せられ、元の位置に戻してからプレーしなければならなくなります。ただし、木の上まで戻すことは不可能なので、改めてアンプレヤブル宣言をしてプレーすることになるため、合計2打罰となります。


▼ 枝から落ちた球はドロップ扱い?

アンプレヤブル宣言をしてから木をゆすったところ球が落ちて絶妙の位置に止まった。肩の位置からドロップするのも木の上から落とすのも効果は同じ!?と勝手に解釈して落ちたところからプレーすると誤所からのプレーでさらに2打罰が課せられます。木の上からのアンプレヤブル宣言は、球が落ちたところではなく、球が木の上にある場所から垂直方向の地面の位置から2クラブ以内にドロップとなります。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日