ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆




▼ アドレス前に球が動いた

罰  則なし
処  置そのままプレー
特記事項


▼ 状況

アドレスとは、球を打つ前の構えのこと。足を肩幅程度に開き(スタンス)、クラブヘッドを地面につける動作を指します。バンカーやウォーターハザードでは、砂や水にクラブヘッドをつけることはできませんので、アドレスはできないことになります。




▼ 対処方法

アドレス前に球が動いた場合は、ペナルティがありません。ただし、通常スタンス⇒ソール⇒アドレスという動作の流れになりますが、先にソールした場合、スタンスを取っていなくてもアドレスしたことになりますので、その場合に球が動くと1打罰となります。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日