ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆



▼ 日光がまぶしかったので他のプレーヤーに遮ってもらった

罰  則2打罰
処  置そのままプレー
特記事項


▼ 状況

太陽の光がまぶしくてショットの妨げに・・・ショットの間だけ他のプレーヤーに影を作ってもらって無事にショット。ただ立っててもらっただけだから問題ないよね?




▼ 罰則規定

問題ありです。雨、風、日光、雪などの自然物はあるがままの状態で打たなければなりません。そのため、他のプレーヤーでなくても自分のキャディバッグやカートなどを使うと「援助」となり2打罰が課せられます。


▼ その他のケース

たまたま日光をさえぎる形で他のプレーヤーが立っていた場合、これは依頼していませんので、ペナルティはありません。また、立っている人に「日光をさえぎってますので(援助と間違えられるので)どいてください」と言う必要もありません。その逆に他のプレーヤーの影が球にかぶっている場合などは、もともと自然的に影が存在していたわけではないので、どいてもらって影を動かしても援助にはなりませんのでペナルティはありません。


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日