ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆



▼ 池の中の球をマークして拾い上げた

罰  則なし
処  置リプレースしてプレー
特記事項プレー不可なら1打罰


▼ 状況

ウォーターハザードは原則、打てそうならそのままプレーしなければなりません。ただし、誰のものか確認せずに打つと誤球となり2打罰が課せられます。かといって、球を動かすと1打罰、水に触れると1打罰・・・どっちにしても2打罰!?




▼ 対処方法

誤球で2打罰が課せられるため、球の確認のため拾い上げることは無罰でできます。もちろん、球を動かす行為と水に触れる行為のどちらも無罰です。マークして確認をした後はリプレースしてそのまま打てば無罰ですが、打つのが困難であれば1打罰でウォーターハザードの2択となります。
①前の地点に戻ってドロップして打ち直す。(前の地点が分からない場合は、できるだけ前の地点に近い位置にドロップ)
②球がウォーターハザードを横切った地点とホールを結んだプレー線上の後方にドロップ(後方ならどこでもOK)


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日