ゴルフナウトップページ
ルールブック コーディネイトプラン ゴルフノウハウ その他 お役立ちリンク

◆  ティーインググラウンド  /   スルーザグリーン  /   グリーン  /   バンカー  /   ウォーターハザード  /   その他  ◆



▼ 球が橋の上で止まった

罰  則なし
処  置そのままプレー
特記事項プレー困難なときはアンプレヤブル宣言


▼ 状況

運がいいのか悪いのか、池ポチャかと思ったら通行用の橋の上に球があった!これは動かせない障害物・・・橋は救済対象なのだろうか?




▼ 対処方法

池や小川の上にかかった橋は、障害物ではなくウォーターハザードの一部となります。つまり、打てそうならそのままプレーしなければなりません。ただし、ウォーターハザードではクラブを水につけることは禁止ですが、橋の上は水ではないので、クラブを橋につけることができます。


▼ 1打罰で2つの選択が可能

橋の上でダフって手首を傷めたり、クラブの破損を避けるために1打罰を払えば、次の2つから好きなほうを選択してプレーをやり直すことができます。
①前の地点に戻ってドロップして打ち直す。(前の地点が分からない場合は、できるだけ前の地点に近い位置にドロップ)
②球がウォーターハザードを横切った地点とホールを結んだプレー線上の後方にドロップ(後方ならどこでもOK)


▼ 関連記事




Copyright(C) 2011-2016 ゴルフ四季報 All Rights Reserved. 累計   今日   昨日